コーチングとの出会いについて

最終更新: 2019年4月10日


こんにちは、株式会社アプローズ代表の趙 友貴です。

この度、弊社ブログを開設しました。

このブログでは、コーチング、コミュニケーション、人材育成などをテーマに

多くの方のお役に立つような内容を更新していきたいと思います。


今回は私の自己紹介を兼ねて、どのようにしてコーチングと出会ったのか をお伝え致します。




CAから企業研修講師へ。ハードだけど楽しい日々

大学を卒業して、日系と外資系の航空会社で客室乗務員をしていた私は、結婚を機にキャセイパシフィック航空を退職し、当時住んでいた香港から東京に戻りました。


その後、客室乗務員の経験を生かし、接遇マナーやコミュニケーションをお伝えする企業研修講師に。

様々な大手企業で年間80回を超える研修を全国各地で行っていました。


第1子を妊娠している時も例外なく、九州や沖縄への長期出張にも出かけ、朝~夕方の研修を終えてまた移動→次の日も一日研修!なんていうハードな日々でしたが、体力には自信あり!

多くの方々と出会い、熱い学びの時間を共有することが大好きなので、元気にバリバリ働いていました。




仕事も育児もちゃんとやりたいのに…。迷い、葛藤、自分自身への不甲斐なさ…

第1子である息子が生まれてからは、朝6時出発夜19時帰宅が当たり前の生活は流石に難しいと感じ、一旦仕事を辞めることを決意。

しかし、息子が1歳半になった頃、研修会社を立ち上げる友人から、「手伝ってくれない?」というオファーが。

かなり迷いに迷った末、「少しずつなら…」という気持ちで、講師業を再開することにしました。


ありがたいことに、少しずつなんて言っていられない程、研修依頼が殺到。2人目の娘が生まれてからは、仕事も育児も完璧にやり切れない不甲斐なさを日々感じるようになっていました。

保育園のお迎えに間に合わせるために、遅くまでの研修はお断りしなくてはならない申し訳なさと悔しさ。そして、保育園に迎えに行くと子供たちは「もっと早くお迎えに来て~」と泣きながら訴える。


仕事人として、母として、半人前な自分に腹を立てていました。


そんな気持ちを抱きながら、自分を取り巻く環境下で自分を必要とする人たちの役に立ちたい!と、

息子が小学校に入ると同時に独立することを決めました。

これまで大手企業様での研修実績も多く積んできたし、順調に行くだろうと思っていたのですが、現実はそんな甘くはなく…。

「コネなし」「客なし」「金なし」の3大なしの状況に陥ってしまったのです。




悶々とする日々…。そしてコーチングとの出会い

これからどうしよう…とずっと悶々としていたところ、義理の兄が「僕のコーチを紹介するからコーチングを受けてみたら?」と声を掛けてくれ、一度お会いしてみることにしました。


そのコーチに初めてお会いした時、初対面にもかかわらず私の話を真摯に聴いてくれ、ビジネスが成功するよう精一杯サポートする!と応援してくださり、「私の救世主、女神が舞い降りた!」と感じました。(笑) そして、不思議と行動を起こす勇気がどんどん沸いてきたのです。


半年の間、コーチにサポートをしていただきながら、自分が本当にやりたいことは何なのか、どんな自分でありたいのか、自分自身と徹底的に向き合いました。

さらに、自分の強み・弱み、生かせる経験や人脈などを全て洗い出し、目標達成に向けてプロセスや行動を毎回明らかにしていく…。

コーチングで明確になったことを一つひとつアクションに移していくことで、ビジネスをどんどん加速させることができるようになりました。


こんなに素晴らしいコーチング、私もいずれは誰か困っている人、目標達成したい人をサポートできるようになりたい!

そんな思いからコーチングスキルを身につけるために銀座コーチングスクールの門を叩きました。

コーチングを学んで良かったのは、すぐに自分のビジネスに生かせたこと。

研修中の受講生の皆様との関係構築は勿論のこと、双方向のコミュニケーションを取ることにより、活発で楽しく参加型の研修をみんなで創り上げることができるようになりました。




コーチングからの学び。アプローズができること

弊社のモットーは、“クライアントのお困りごとを徹底的に聴き、それらを解決できるプログラムをカスタマイズする”ことです。

これができるのは、コーチングを学んだからこそだと実感しています。


受けて良し、学んで良しのコーチング。

今後コーチングをもっともっと多くの人たちに知って頂きたいという思いから、現在は銀座コーチングスクール新宿の講師を行う傍ら、様々な企業様でコーチング研修やコーチングセッションを行っております。


今後このブログを通じて、コーチングをはじめ、コミュニケーションや接遇、人材(子供含む)育成について等、私の経験談を踏まえてざっくばらんにお伝えできればと思っています。

よろしくお願いいたします。

  • Facebook

© 2020 Applause.inc All rights Reserved.